映画『生きてるだけで、愛。』完成披露試写会舞台挨拶レポート

写真】映画『生きているだけで、愛。』完成披露試写会舞台挨拶 (趣里、菅田将暉、仲里依紗、西田尚美、石橋静河、織田梨沙、関根光才監督)

映画『生きてるだけで、愛。』
完成披露試写会舞台挨拶

趣里と菅田将暉が撮影現場でお互いに教えあっていたこととは?

自分という存在を誰かにわかってほしい。他者とのつながりを求める現代の若者たちの心情を、リアルに撮った、エモーショナルなラブストーリー。

「異類婚姻譚」で第154回芥川賞を受賞、小説家・劇作家・演出家としてマルチに活躍する本谷有希子による、芥川賞&三島賞候補作を実写映画化した『生きてるだけで、愛。』が11月9日(金)より全国公開される。

メンタルに問題を抱え鬱状態に入りバイトも満足に続かない寧子を演じるのは、NHK連続テレビ小説「とと姉ちゃん」への出演で注目を集めた趣里。趣里演じる寧子の同棲相手を演じるのは第41回日本アカデミー賞最優秀主演男優賞を受賞するなど、数々の映画に出演しラジオパーソナリティやミュージシャンとしても活動している菅田将暉が演じる。また、仲里依紗、西田尚美、松重豊、石橋静河、田中哲司、織田梨沙ら実力派キャストが脇を固めている。

監督は本作が劇場長編映画デビュー作となり、カンヌ国際広告祭のヤング・ディレクターズ・アワードにてグランプリを受賞し、数多くのCM、ミュージックビデオ等を演出している関根光才が務めた。

【画像】映画『生きているだけで、愛。』メインカット

10月20日(土)、東京・丸の内ピカデリーで完成披露試写会が行われ、上映前の舞台挨拶に主演の趣里、共演の菅田将暉、仲里依紗、西田尚美、石橋静河、織田梨沙、そして関根光才監督が登壇した。

イベントレポート

本作で自分の感情なかなかコントロールできないヒロイン、しかも過眠症という難しい役を演じた趣里は「脚本を読んだときに物凄いエネルギーを感じて、初期衝動みたいなものを大切に演じました。外から見たら難のあるキャラクターだけれど、生きていたらもちろん楽しいことだけではなくて、辛いことや悲しいこともある。なので寧子に共感できる部分は沢山ありました」とコメントし、「クランクインする前には監督と話す時間もたくさんあったので委ねて撮影に挑んだ」と撮影当時を振り返った。寧子と同棲して愛に向き合う向き合わないところで葛藤する役を演じた菅田は津奈木という役を「現場に行って寧子に会わないと始まらないなと思ってました」と話した。初共演の菅田と趣里は声をあわせて「楽しかった」と言い「菅田さんってとても自然体な方ですよね。現場でも本当にそのままでいてくださって。寧子のエキセントリックな部分をしっかりと受け止めてもらって」と感謝していた。

【写真】映画『生きているだけで、愛。』完成披露試写会舞台挨拶 (趣里)

そんな菅田は「結構シリアスなシーンも多いですしハードなシーンも多いんですけど、意外とそういう映画の方が仲良くなるっていうか、現場では楽しくやってましたね。ストレッチとかを趣里さんに習いながら」とコメントすると趣里も「菅田さんにボクシングを習っていた」と明かした。

【写真】映画『生きているだけで、愛。』完成披露試写会舞台挨拶 (菅田将暉)

津奈木の元カノでエキセントリックな安堂役を演じた仲は「とりあえずセリフが長かった。それがつらかったですね。覚えづらいセリフを永遠と喋ってて。久々の映画出演だったのですごくいい経験ができたなと思った」と会場を笑いに包みながら「フィルムで撮る映画って本当に久々だったので、すごく身が引き締まって楽しかったですね。16ミリフィルムで撮っていたので “高いしな〜” NG出せないからと思い、長いセリフで“どうしよう!”とパニックになってました(笑)」と撮影当時の思いを話した。

【写真】映画『生きているだけで、愛。』完成披露試写会舞台挨拶 (仲 里依紗)

キャストが“わかり合えた”と思う瞬間とは?

イベント中盤では、映画にちなんで“大切な人とほんの一瞬でもわかりあえた瞬間”もしくは“相手と深く思いが繋がった瞬間”を聞かれると、趣里は「言葉じゃないのかなって、まず思います。舞台とかやらせてもらってるとお客様と通じ合える瞬間みたいなものをすごく感じることがある。同じ時間に今存在しているんだなっていうのが言葉じゃなくて、実際顔を見ているわけではないんですけど顔で感じる時がある」と語った。

【写真】映画『生きているだけで、愛。』完成披露試写会舞台挨拶 (趣里)

菅田は「この間コンビニに入ったら、“あーいーがー”とお店の中で自分の曲が流れていて、店員さんと目があって、この人が僕の曲をかけたのか?と。気まずくなってレジに行きにくくなりました…」と偶然のエピソードを披露した。

【写真】映画『生きているだけで、愛。』完成披露試写会舞台挨拶 (菅田将暉)

俳優の中尾明慶の妻でもある仲は「旦那さんが仕事が終わる頃かなと思って『終わった?』と連絡したのと同時に(中尾から)連絡が来る」という以心伝心なエピソードを話すと、さらに「『今日何食べたい?』と聞いても返事がなかったのでハヤシライスを作ったら、『ハヤシライス食べたいって言おうと思っていた』と言われた」と夫婦のシンクロを紹介した。

【写真】映画『生きているだけで、愛。』完成披露試写会舞台挨拶 (仲 里依紗)

最後に主演の趣里がキャストを代表して趣里「本日は短い時間でしたがとっても楽しかったです、ありがとうございます。『生きてるだけで、愛。』の現場はスタッフさん一人一人の思いをすごく感じて改めて映画の力をたくさん感じることができました。本谷有希子さん原作のタイトルが全てだと思うんですけど登場人物を通じて葛藤や愛おしさなどが詰まってる映画だなと思いますので是非最後まで楽しんでご覧いただけたら嬉しいです。今日は本当にありがとうございました」と締め大拍手の中イベントは終了した。

【写真】映画『生きているだけで、愛。』完成披露試写会舞台挨拶 (趣里)

[スチール撮影&記者: 井上 綾乃]
[メインスチール写真: オフィシャル提供]

 

イベント情報

<映画『生きてるだけで、愛。』完成披露舞台挨拶>

■日程: 2018年10月12日(金)
■場所: 丸の内ピカデリー
■登壇者: 趣里、菅田将暉、仲里依紗、西田尚美、石橋静河、織田梨沙、関根光才監督
■MC: 伊藤さとり

写真】映画『生きているだけで、愛。』完成披露試写会舞台挨拶 (趣里、菅田将暉、仲里依紗、西田尚美、石橋静河、織田梨沙、関根光才監督)

映画『生きてるだけで、愛。』予告篇

映画作品情報

【画像】映画『生きているだけで、愛。』ポスタービジュアル

《ストーリー》

生きてるだけで、ほんと疲れる。鬱が招く過眠症のせいで引きこもり状態の寧子と、出版社でゴシップ記事の執筆に明け暮れながら寧子との同棲を続けている津奈木。そこへ津奈木の元カノが現れたことから、寧子は外の世界と関わらざるを得なくなり、二人の関係にも変化が訪れるが……。

 
出演: 趣里、菅田将暉、田中哲司、西田尚美/松重豊/石橋静河、織田梨沙/仲 里依紗
原作: 本谷有希子「生きてるだけで、愛」(新潮文庫刊)
監督・脚本: 関根光才
製作幹事 : ハピネット、スタイルジャム
企画・制作プロダクション: スタイルジャム
配給: クロックワークス
© 2018『生きてるだけで、愛。』製作委員会
 

2018年11月9日(金) 新宿ピカデリーほか全国ロードショー!

映画公式サイト
 
公式Twitter: @ikiai_movie 
公式Facebook: @映画生きてるだけで愛-2299573413394098

この記事の著者

井上 綾乃

井上 綾乃シネマティーンズオンライン所属 ライター/フォトグラファー

2002年生まれ。
映画が昔から好きで、一番好きな映画は『イニシエーション・ラブ』(2015年)。普段は邦画を中心に鑑賞している。
現在、撮影スキルを磨きつつ、映画イベントの取材でスチール撮影にも挑戦している。

Instagram: @__a_ayano_no__

この著者の最新の記事

関連記事

カテゴリー

アーカイブ

YouTube Channel

Google+

Twitter

ページ上部へ戻る