映画「銀魂」公開初日舞台挨拶レポート

映画「銀魂」公開初日舞台挨拶

映画『銀魂』公開初日舞台挨拶レポート!

エリザベスの中の人は・・・!?
福田監督&豪華キャストが登壇!銀魂割りで大ヒットを祝う!!

7月14日(金)、空知英秋の人気コミックを実写化した、映画『銀魂』の初日舞台挨拶が東京・丸の内ピカデリーで開催された。

主人公・坂田銀時を演じる小栗旬をはじめ、菅田将暉、橋本環奈、柳楽優弥、吉沢亮、長澤まさみ、岡田将生、佐藤二朗ら主要キャストと福田雄一監督の面々が揃ったイベントは『銀魂』の世界観そのもののような、賑やかで笑いの絶えないトークが繰り広げられた。

映画「銀魂」公開初日舞台挨拶

《イベントレポート》

まず壇上に姿を見せたのはエリザベス。スタッフに支えられながらおぼつかない足取りで階段を登り、「今日から公開!」のプラカードを持たされる姿に会場から笑いと拍手が沸きおこる。そして会場の後ろからキャストたちが客席を通って現れると、空気はいっきにヒートアップ。

 

壇上に全員が揃ってトークのコーナーがはじまるやいなや、MCの進行を無視して勝手にしゃべり始めるムロ、佐藤。「だからダメだって!その2人くっつけたら!」とツッコミを入れる福田監督に、さらに佐藤が「お前も黙ってろよ!」と言い返すなど、のっけからハイテンションなやりとりが飛びかう。

これまでのイベントや取材でムロ、佐藤、福田監督の暴走しがちなトークをよく知っている小栗は、3人に向かって「本当にやめて。このくだりがあって俺がシーンとしてると『小栗旬、私生活で疲れてる』って書かれちゃうから。疲れてねえわ! 元気だわ」と主張。ムロも「みなさん、お旬は元気です」とフォローし、さらに笑いを誘っていた。

映画「銀魂」公開初日舞台挨拶

撮影現場で銀魂らしさを感じたのはどんなとき?と聞かれた橋本は、スキがあればしゃべりだそうとそわそわするムロや佐藤の方を見ながら「こういうところですよね。みんな、わーってなってて。面白い話じゃないとしゃべっちゃいけないのかな?って気になります」と笑顔。続けて小栗も「今日も舞台挨拶の説明を受けている間が本当に賑やかで」と、福田組ならではの様子を語った。

映画「銀魂」公開初日舞台挨拶

柳楽と吉沢は共演シーンが多いことからお互いの印象を聞かれる。「最高です」「ソウルメイトっていう感じでした」「仲いいです」と口にする様子は淡々としているようだが、柳楽の誘いでその場で携帯端末を取り出して連絡先の交換をはじめると、「今やるな!」「これやろうって2人で決めてきたんだろうね」「かわいいね」と茶々が入り、そこまで含めてコントのような一幕になった。

映画「銀魂」公開初日舞台挨拶

福田監督が岡田のいじられキャラに言及すると、小栗が横から「銀魂とジョジョはどっちに思い入れがあるの?」と際どい質問をくりだす。「ジョジョです。いや!嘘です!銀魂です!銀魂でーす!」と焦りながら答える岡田に、福田監督は軽い調子で「同じ会社(ワーナー・ブラザース映画)だから何を言っても大丈夫だよ」と笑わせていた。

映画「銀魂」公開初日舞台挨拶

さらに福田監督が隣のエリザベスに向かって「今日、いい動きするじゃん」「しゃべっていいんだよ」と話しかけると、「暑い……」「断わりゃ良かった……」という声が聞こえてきて、客席ばかりではなくキャストまでざわめきだした。

監督に中の人と言われると「”中”なんてないっすよ! いない、いない。俺は俺だ」と反論し、口をこじ開けられそうになっても抵抗していたものの、客席からは「孝之!」と声がかかり、監督にまでうっかり「山田くん」と呼びかけられる始末。

登壇者と客席が揃って爆笑に包まれたところで終了の時間がやってきた。スタッフ・キャストを代表してメッセージを求められた小栗は、真っ先に「今日のイベントもエリザベスのおかげで締まった感じがありますけど……。ありがたいですね。俺だったらオファーが来ても絶対にやれない!すごい!本当にすごい!偉い!」とねぎらいと感謝を述べた。

映画「銀魂」公開初日舞台挨拶 小栗旬 代表挨拶

それに対して「自分から(やると)言っちゃったんだよね」とエリザベス。「皆さんは真夏に暑いなか着物でアクションして大変な撮影してたじゃないですか。僕は涼しい部屋で3分くらいで(収録が)終わったんですよ。それはさすがに申し訳なくて、多少は稼働したほうが良いかなって」と熱い気持ちを明かした。

続いて小栗の「さすがです。こんな頑張りも見れるのが映画『銀魂」です。こういう映画なんで、今日は初日ですがここからどんどん盛り上がっていきたいと思いますので、どうぞよろしくお願いします」という言葉に、会場から大きな拍手が贈られた。

ラストは登壇者全員でタイトルにちなんだ銀魂――銀のくす玉を割って華やかに終了。

映画「銀魂」公開初日舞台挨拶 くす玉割り

退場する際にムロがエリザベスの隣でポーズを決めたり、壇から降りるエリザベスが裾をまくって生足を見せるなど、最後の最後まで客席を沸かせた。

[撮影&レポート: 久保 昌美 / 編集:Cinema Art Online UK]

イベント情報

<映画『銀魂』公開初日舞台挨拶>

日時: 2017年7月14日(金)
場所: 丸の内ピカデリー
登壇者: 小栗旬、菅田将暉、橋本環奈、柳楽優弥、吉沢亮、ムロツヨシ、長澤まさみ、岡田将生、佐藤二朗、福田雄一監督、エリザベス

映画作品情報

映画「銀魂」

 <ストーリー>

銀髪天然パーマのぐうたら侍、でも仲間を護るためにはキリッと光る“万事屋銀ちゃん”こと坂田銀時とその周りで起こる大騒動。
そして、不可解に絡み合う謎の事件…。
幕末の江戸、鎖国を解放したのは黒船――ではなく、エイリアンと宇宙船だった!
今や地球人と宇宙からやってきた天人(あまんと)が共に暮らす、将軍おひざ元の江戸・かぶき町。
ここで、なんでも屋「万事屋(よろずや)」を営む銀時は、従業員の新八や居候の怪力美少女・神楽といつものようにダラダラした午後を過ごしていた。だが、ぼんやり見ていたTV番組のニュースで、カブトムシ狩りで一攫千金できると知り…、てんやわんやの大騒動で幕が開く!
ある日、万事屋に仕事依頼が舞い込む。江戸で暗躍する攘夷志士の桂が謎の辻斬りの凶刃に倒れ行方不明になったというのだ。
その影にうごめくのは、「人斬り似蔵」の異名を持つ浪人・岡田似蔵。
そしてかつて銀時と共に攘夷志士として救国のため戦った高杉晋助。
捕らわれた仲間を救出するため、この世界を護るため――満身創痍の銀時はひとり、走り出す。
江戸の空に浮かぶ戦艦で、一世一代の大バトルが始まろうとしていた――!

映画「銀魂」

脚本/監督: 福田雄一 
出演: 小栗旬、菅田将暉、橋本環奈、柳楽優弥、新井浩文、吉沢亮、早見あかり、ムロツヨシ、長澤まさみ、岡田将生、佐藤二朗、菜々緒、安田顕、中村勘九郎、堂本剛

原作:「銀魂」空知英秋(集英社「週刊少年ジャンプ」連載)
製作:「銀魂」製作委員会 
制作プロダクション: プラスディー 
配給: ワーナー・ブラザース映画
©空知英秋/集英社 ©2017「銀魂」製作委員会

2017年7月14日(金) 全国ロードショー!
 

映画公式サイト
公式Twitter: @gintama_film

この記事の著者

久保 昌美

久保 昌美フォトグラファー

映画といえば二本立て三本立てが当たり前だと思っていた昭和生まれ。初めて一人で観に行った映画は『ブルージーンズメモリー』と『ねらわれた学園』の同時上映だった。主役・脇役にかかわらず出演者で作品を選ぶ――何よりも「人の魅力」に敏感な性質が人物写真を撮る仕事に繋がっている、かもしれない。

★好きな映画
『12人の優しい日本人』[監督: 中原俊 製作: 1991年]
『青の炎』[監督: 蜷川幸雄 製作: 2003年]
『シン・ゴジラ』[総監督: 庵野秀明 製作: 2016年]

関連記事

カテゴリー

アーカイブ

Feedlyで購読

follow us in feedly

YouTube Channel

Google+

Facebook

Twitter でフォロー

ページ上部へ戻る