『ファンタビ』最新作公開記念&「ハリー・ポッター」魔法ワールド20周年セレブレーションイベントレポート

【写真】映画『ファンタビ』最新作公開記念&「ハリー・ポッター」魔法ワールド20周年セレブレーションイベント (小野賢章、芦田愛菜、宮野真守)

映画『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』
公開記念 &「ハリー・ポッター」魔法ワールド20周年

セレブレーションイベント 開催!

芦田愛菜が“ファンタビ”オフィシャルアンバサダーに就任!
「日本が一番『ファンタビ愛』に包まれたら」
ニュート役・宮野真守、ハリー役・小野賢章、奇跡のタッグも実現!

世界中で約900億円、日本でも73.5億円の興行収入を叩きだし、“ファンタビ”現象を巻き起こした「ハリー・ポッター」魔法ワールド最新作『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』が11月23日(金・祝)から全国ロードショーとなる。

イギリスのホグワーツ魔法魔術学校にもどってきた魔法動物学者の主人公ニュートは、捕えられていた強大な敵、“黒い魔法使い”グリンデルバルドが逃げ出したことを知る。魔法界、そして人間界をもおびやかしかねない彼を追い、ダンブルドア先生とニュートがタッグを組み、ニュートの仲間、魔法動物(ビースト)たちとともに、一同はパリの魔法界へと向かう。

かつてない最大の危機にニュートたちはどう立ち向かうのか?

 

11月23日(金・祝)の日本公開に先駆け、また今年は日本で「ハリー・ポッターと賢者の石」が1999年に出版されてから20周年に向けたアニバーサリーキックオフイヤーであることから、この度、「ハリー・ポッター」魔法ワールドの20周年セレブレーションイベントがハリー・ポッターの誕生日である7月31日(火)に行われた。

イベント当日は、「ハリー・ポッター」魔法ワールドの大ファンであり、共に成長してきた読書家としても知られる芦田愛菜が登場!最新作『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』オフィシャルアンバサダーへ就任し、「ハリー・ポッター」魔法ワールドの一員となった喜びや魔法ワールドへの愛を語り尽くした。

さらに「ファンタビ」シリーズで主人公ニュートの吹き替えを担当している宮野真守と、「ハリー・ポッター」シリーズでハリーの吹き替えを担当した小野賢章という、未だかつてない両シリーズの主人公同士の奇跡のW登壇が実現!新作の見どころやシリーズの裏話などをたっぷりと語るとともに、宮野、小野らによる公開アテレコや芦田による原作「ハリー・ポッターと賢者の石」の朗読も実施!一般来場者の方には豪華賞品が当たる抽選会も。さらにニュート役のエディ・レッドメインからのスペシャルメッセージも到着!また、ハリー・ポッターの誕生日でもあるということでファンたちから送られたケーキも登場し、スペシャル企画が盛り沢山となり、イベントは大盛り上がりとなった。

映画『ファンタビ』最新作公開記念&「ハリー・ポッター」魔法ワールド20周年セレブレーション

芦田愛菜 オフィシャルアンバサダーとして熱意を語る!

ハリー・ポッター、屋敷しもべ妖精ドビー、ニュートのコスプレなどをした約200名のファンたちが集まった熱気に包まれた会場にMCの呼びかけで、『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』のオフィシャルアンバサダーに就任した芦田愛菜が黄色い歓声で迎えられながら登場!「ハリー・ポッター」の原作は全て読み、「ハリー・ポッター」の大ファンだという芦田は「本当に大ファンなので関わらせていただけてすごく嬉しいです!『ハリー・ポッター』シリーズが完結してしまって寂しかったので『ファンタビ』で新たなお話が始まって、しかも『ハリポタ』に通ずる部分もあるので本当に映画の公開が楽しみです!」と、ファン代表として「ファンタビ」愛を語った。また、好きなキャラクターについて尋ねられた芦田は「私、結構スネイプ先生が好きです」と答え、観客の共感を誘った。そして今後の抱負について「世界中にファンがいると思うんですが、もっとたくさんの人に知って頂きたいです。映画の公開に向けてどの国も盛り上がっていくと思いますが、日本が一番『ファンタビ愛』に包まれたらと思います」とアンバサダーとしての熱いコメントを寄せた。

【写真】映画『ファンタビ』最新作公開記念&「ハリー・ポッター」魔法ワールド20周年セレブレーションイベント (芦田愛菜)

小野賢章&宮野真守、ハリーとニュートの夢の共演に会場中が大興奮!!

続いて、ハリー・ポッターの吹き替えを担当した小野賢章、ニュート・スキャマンダーの吹き替えを担当した宮野真守も登場!この日の宮野はニュートと同じ色のコートを着用しており、作品へのこだわりを醸し出していた。実は、魔法ワールド関連で2人が同じステージに立つのは初めてで、ハリーとニュートが並ぶというファンにはたまらない展開に会場のボルテージはマックスに!『ハリー・ポッター』シリーズではパーシーの声を担当していた宮野。当時高校生だった宮野は、小学生だった小野との共演を振り返り、「大人になってニュートとして出会うという不思議」としみじみ。小野「『ハリポタ』の死の秘宝が終わって結構な月日が経つので、今『ハリポタ』関連で関われる日がくるなんて!僕の持てる全記憶を頼りに今日は頑張ります!」と意気込みを見せるなか、芦田は「ハリーとニュートの間にいるなんて」と「ハリポタ」「ファンタビ」愛を隠し切れない様子だった。

【写真】映画『ファンタビ』最新作公開記念&「ハリー・ポッター」魔法ワールド20周年セレブレーションイベント (小野賢章、芦田愛菜、宮野真守)

芦田愛菜、エディ・レッドメインからのメッセージに歓喜

実は、今回の芦田のアンバサダー就任に関して、ニュート役のエディ・レッドメインからメッセージ、そしてエディをはじめとする「ファンタビ」の豪華キャスト陣が登壇した米 サンディエゴで行われた「コミコン2018」の様子と、コミコンで初公開されたコミコン予告映像が放映された。

【写真】映画『ファンタビ』最新作公開記念&「ハリー・ポッター」魔法ワールド20周年セレブレーションイベント (エディ・レッドメイン メッセージ映像)

ニュートからのメッセージを観た芦田は「ニュートに名前を呼んでもらえるなんて大興奮です!」と喜んでいた。宮野は「いいな〜!頑張れば『まなちゃん』が『まもちゃん』に聞こえなくもないかな?」と羨ましがった。また、宮野は新たな映像が収められた映像を観て「スケール感がまたすごくなりましたね!またホグワーツを見ることができるなんてワクワクします!」と今から本作の公開が待ちきれない様子。ニュートの恋愛模様や、クリーデンスの存在も気になる様子で「(クリーデンスが)1作目であんなに闇の力を秘めていたので、2作目でもかき乱してくれる予感がする」と期待を込めます。一方、芦田は「二フラーが可愛くて好き!ニュートに見つかった時の顔が好きです」とコメントを寄せると、宮野も「お騒がせ二フラーは出てこないとね!」と芦田に共感していた。

【写真】映画『ファンタビ』最新作公開記念&「ハリー・ポッター」魔法ワールド20周年セレブレーションイベント (小野賢章、芦田愛菜、宮野真守)

芦田愛菜、もしホグワーツ魔法学校に入ったら……?

ホグワーツ魔法学校で入りたい寮について話が及ぶと芦田は「スネイプ先生が好きだけど、グリフィンドール!」、宮野は「ハッフルパフと言いたいところですが、スリザリン。スリザリン感を秘めています(笑)」、小野は「グリフィンドールだと正義感が強いイメージなのでもうちょっと気楽なところがいいです(笑)。でもグリフィンドールに選んでいただけたら戦います」と、思い思いに「ハリポタ」愛を爆発させた。

【写真】映画『ファンタビ』最新作公開記念&「ハリー・ポッター」魔法ワールド20周年セレブレーションイベント (芦田愛菜)

宮野&小野、ファン待望の公開アテレコ!

『ファンタビ』でニュートの声を担当していた宮野と『ハリポタ』シリーズでハリー・ポッターの声を担当していた小野に生の公開アテレコをしていただくことに!小野は『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』のシーンをリクエストされ「僕、一番最後の作品が20歳とか21歳で、今年29歳になるので…。2004年だから、僕が当時、14歳、中2…。無理です」とたじたじの様子。また、2004年は芦田が生まれた年だという事も判明し、宮野は「色んな衝撃が……!」と観客と共に爆笑した。小野がアテレコを披露すると、会場からは、拍手が起こり宮野は「当時より若いよ!すごい!」と大絶賛。小野も「最近の中で一番心臓がバクバクしました!」と胸をなでおろしました。小野に続いて宮野もニュートの名シーンを披露すると、会場からは歓声が起こり、場内の熱気は更に上がります。芦田は「生のハリーとニュートを聞けて生きていてよかった!」と感動しきりだった。

芦田愛菜、大好きなハリーポッターのシーンを朗読

また、宮野と小野の公開生アテレコのお返しに、芦田が大好きな「ハリー・ポッターと賢者の石」の朗読を2人の前で披露することに!芦田が本を読み終えると芦田の朗読に聞き入っていた小野は「100点満点です」、宮野は「みんな『ハリー・ポッター』を通ってきているんですね。素晴らしかったです」と大絶賛していた。

【写真】映画『ファンタビ』最新作公開記念&「ハリー・ポッター」魔法ワールド20周年セレブレーションイベント (芦田愛菜 朗読)

ホグワーツ城スペシャルケーキが登場!そこにはハリーの姿も!!

最後に「ファンタビ」の公開、そしてハリー・ポッターの誕生日を記念してファンから送られたホグワーツ城が形どられたスペシャルケーキが登場!舞台となるパリのエッフェル塔や凱旋門が並ぶケーキにはニュートとハリーの姿もあり、夢の共演を果たしていた。

【写真】映画『ファンタビ』最新作公開記念&「ハリー・ポッター」魔法ワールド20周年セレブレーションイベント (ホグワーツ城が形どられたスペシャルケーキ)

イベントでは、宮野と小野による公開生アテレコや芦田の朗読の他、会場に集まったファンに抽選でプレゼントの贈呈も行われた。箱からMCが抽選番号を引く際の宮野のアシスト、景品が授与されるにつれて殺風景になるテーブルにすかさず近くにあったパンフレットを飾る小野のスマートな動き。2人の自然な対応は本当に素晴らしかった。

【写真】映画『ファンタビ』最新作公開記念&「ハリー・ポッター」魔法ワールド20周年セレブレーションイベント (プレゼント抽選)

会場は終始熱気に包まれたまま、イベントは幕を閉じた。

[スチール撮影: Cinema Art Online UK / 記者: 梅田 奈央、佐藤 優瑞]

イベント概要

最新作『ファンタビ』公開記念「ハリー・ポッター」魔法ワールド 20周年記念セレブレーションイベント

■日程: 2018年7月31日(火)
■場所: TOKYO FMホール
■登壇者: 芦田愛菜(アンバサダー)、宮野真守(日本語吹き替え版:ニュート・スキャマンダー役:声) 、小野賢章(日本語吹き替え版:ハリー・ポッター役:声)
■MC: 伊藤さとり

【写真】映画『ファンタビ』最新作公開記念&「ハリー・ポッター」魔法ワールド20周年セレブレーションイベント (小野賢章、芦田愛菜、宮野真守)

映画『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』予告篇

映画作品情報

【画像】映画『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』ポスタービジュアル

《ストーリー》

シャイでおっちょこちょいな魔法動物学者ニュートに、最強の敵が登場!

ある日、ニュートは魔法界と人間界を脅かす「黒い魔法使い」グリンデルバルドが逃げ出したことを知る。

ホグワーツの恩師ダンブルドア先生から彼を追うことを託されたニュートは、仲間や魔法動物たちとともにパリへ向かう。

パリではグリンデルバルドが言葉巧みに賛同者を増やし、勢力を広げていた。そしてその手はついに仲間たちにまで‐‐‐

果たしてニュートと仲間たちはこの最大の危機から世界を救えるのか!?

  
邦題: ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅
原題: Fantastic Beasts and Where to Find Them
 
監督: デイビッド・イェーツ(「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」「ハリー・ポッター」シリーズ後4半作品)
脚本: J.K.ローリング(「ハリー・ポッター」シリーズ著者)
プロデューサー: デイビッド・ヘイマン(「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」、「ハリー・ポッター」全8作品)
 
出演: エディ・レッドメイン、ジョニー・デップ、ジュード・ロウ、エズラ・ミラー、キャサリン・ウォーターストン、ダン・フォグラー、アリソン・スドル 他
 
配給: ワーナー・ブラザース映画
 
© 2018 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved.
Harry Potter and Fantastic Beasts Publishing Rights © J.K.R.
 
2018年11月23日(金・祝) 3D/4D/IMAX® 同時公開!
 
映画公式サイト
 
公式ハッシュタグ:#ファンタビ
公式Twitter:
@fantabi_jp
公式Facebook:@fantasticbeastsjp

公式Instagram:@fantasticbeastsjp
魔法界 公式サイト:wizardingworld.jp

この記事の著者

Cinema Art Online

この著者の最新の記事

関連記事

カテゴリー

アーカイブ

YouTube Channel

Google+

Twitter

ページ上部へ戻る