映画「エルネスト」サポーター世界最速試写会舞台挨拶レポート

【写真】映画『エルネスト』 サポーター世界最速試写会舞台挨拶

映画『エルネスト』(ERNESTO)
サポーター世界最速試写会&舞台挨拶開催!

「この映画こそが今の日本映画においての“革命”です」by オダギリジョー

今年2017年に没後50年を迎えるキューバ革命の英雄“エルネスト・チェ・ゲバラ”。革命家、反帝国主義のカリスマとして、また、革新を想起させるシンボルとして今もなお世界中でゲバラの存在は明確に息づいている。

そんな彼の“意志”に共感し、ボリビアの軍事政権との戦いで、1967年8月に25歳の若さで散った実在の日系人、フレディ前村ウルタードの知られざる生涯を、日本・キューバ合作で描く映画『エルネスト』が10月6日(金)に公開される。

公開に際して、映画公式サイトではチェ・ゲバラ好き、映画好きの方々から映画『エルネスト』を応援する“スペシャル・サポーター”を募集! 8月9日から8月31日までに計3,172人もの応募があった。

9月13日(水)、TOHOシネマズ新宿にて世界最速となる「サポーター試写会」へ約100名のスペシャル・サポーターを招待。オダギリジョー演じる日系ボリビア人のフレディ前村が「もう一人のゲバラ」として革命に身を投じることから、スペシャル・サポーターも「もう一人のゲバラ」として、チェ・ゲバラの扮装で試写会へ参加した。

そして世界最速の試写会を記念し、主演のオダギリジョーと阪本順治監督が舞台挨拶に登壇した。

【写真】映画『エルネスト』 サポーター世界最速試写会舞台挨拶 阪本順治監督 & オダギリジョー

舞台挨拶イベントレポート

キューバの英雄チェ・ゲバラに扮した熱狂的なスペシャル・サポーター達が客席のほとんどを埋め尽くした後、まずMCにキューバ人の母を持つSHEILAが登場。「今日は一体何の集会でしょうか?(笑)」と、阪本監督もそうコメントするほど異様かつ熱狂的な光景に圧倒される形でイベントはスタートした。

阪本監督がまず映画のタイトルである『エルネスト』について真剣に語ると、オダギリは「さっき出たとこ勝負だって言ってたのにすごい良いスピーチ。。。笑」と苦笑。「初めて監督からこの話を頂いた時から、やりたい気持ちがMAXになった。何を一番やりたかったのか?想像もできないような困難な道になるだろうという予感。20年も芝居をやっていると、甘えや慣れがつきまとって、そういうものを全部排除して取り組まないと、乗り越えられないずいぶん高いハードルだろうと思い、初心に戻り、必ず乗り越えようと思い、出演させてもらえるようお願いしました。まあ、甘い考えは持つべきではないのですが、皆さんにはぜひ、色んな所で甘い感想をお願いいたします(笑)」とコメント。

【写真】映画『エルネスト』 サポーター世界最速試写会舞台挨拶 オダギリジョー

また阪本監督は、「オダギリくんとはよく呑みに行くので、そういう時に役者として 生まれ変わりたいと何度か言っていたのを知っていたので、ピッタリのあるよ!と言いました。」と語った。

オダギリの演技について阪本監督は「日本にいる時から相当な役作りをしてくれていた。スペイン語や減量に関しても当たり前のようにやってくれると信じていました。オダギリの最初のセリフを聞いた瞬間、これが僕らにとってのフレディだと確信しました。」と絶賛。3度目のタッグを組むだけあり、全幅の信頼を置いているのがわかる。

【写真】映画『エルネスト』 サポーター世界最速試写会舞台挨拶 阪本順治監督

オダギリの「僕にとっては今の日本映画でこういった作品を撮ること自体が革命だと思っています。」というコメントからも今作がとても意欲的、挑戦的で、取り組み甲斐があった作品であったことが伺える。また、監督が映画の準備を進めていく中で出会ったキューバ革命をチェ・ゲバラと共に達成した戦士の一人であるファン氏も客席におり、会場を埋め尽くしたスペシャル・サポーター達から拍手喝采で出迎え、ファン氏も笑顔で応えた。

集まったスペシャル・サポーターからの質問タイムが設けられ、オダギリのすごいところを聞かれた阪本監督は「映画をみたら凄いとしか思えないです。オダギリがとにかく凄いんですよ。フレディ前村をずっと取材していると、寡黙で心に芯のある人物像がオダギリに重なる。 普段は本人の前ではこんなこと言わないけど(笑)」と再び絶賛しながらも照れくさそうに語った。

そして、トーク終了後に、映画の大ヒットを祈願し、鏡割りが行われた。

本作が日本・キューバの合作映画ということで、“クーバ・リブレ”というキューバのお酒が用意された。この”クーバ・リブレ”は、革命戦士が勝利を祝う際に飲んだカクテルで、オダギリと阪本監督もキ ューバで何杯も飲んだそう。

【写真】映画『エルネスト』 サポーター世界最速試写会舞台挨拶 鏡開き

最後はキューバ式の乾杯をとのことで、スペイン語で乾杯 Salud(サル!)と音頭をとり、イベントは大成功で幕を閉じた。

[撮影/記者: 蒼山 隆之]

 

イベント情報

<映画『エルネスト』サポーター世界最速試写会舞台挨拶>

日時: 2017年9月13日(水)
会場: TOHOシネマズ 新宿 スクリーン5
登壇者: オダギリジョー、阪本順治監督

映画作品情報

映画『エルネスト』

《STORY》

50年前、チェ・ゲバラに“エルネスト”と名付けられ、行動をともにした、ひとりの日系人がいた―。
キューバ革命の英雄、エルネスト・チェ・ゲバラ。自らの信念を突き通した生き方、その比類なきカリスマ性によって、今なお世界の人々を魅了し続けているこの男-は、1967年、ボリビア戦線で命を落とした。同じ頃、ボリビアでゲバラと共に行動し、ゲバラからファーストネームである<エルネスト>を戦士名として授けられた日系人がいた。その名は、フレディ前村。日系二世として生まれたフレディは、医者を志し、キューバの国立ハバナ大学へと留学する。そしてキューバ危機のさなかにチェ・ゲバラと出会い、その深い魅力に心酔し、ゲバラの部隊に参加。やがてボリビア軍事政権へと立ち向かっていく。

脚本/監督: 阪本順治
出演: オダギリジョー、永山絢斗、ホワン・ミゲル・バレロ・アコスタ、アレクシス・ディアス・デ・ビジェガス
配給: キノフィルムズ/木下グループ
2017年|日本・キューバ合作|スペイン語・日本語|DCP|ビスタサイズ|124分
© 2017 “ERNESTO” FILM PARTNERS.
 

2017年10月6日(金) TOHOシネマズ 新宿他全国ロードショー!

映画公式サイト
公式Twitter: @ernesto_movie/
 

この記事の著者

蒼山 隆之

蒼山 隆之コンセプター兼プロデューサー

無類の映画・音楽・美食好き。10代後半から20代の終わりまで、映画のプレミアイベントやコンサートイベントでのVIPアテンドなどに従事。
現在はライターとフォトグラファーの仕事も受けつつ、アート・プロダクト・イベントなどのコンセプト作りからプロデュース・フォロー・PRまでを一手に引き受けるコンセプター兼プロデューサー業をメインに活動中。

関連記事

カテゴリー

アーカイブ

Feedlyで購読

follow us in feedly

YouTube Channel

Google+

Facebook

Twitter でフォロー

ページ上部へ戻る