映画『青夏 きみに恋した30日』女子会舞台挨拶レポート

【写真】映画『青夏 きみに恋した30日』女子会舞台挨拶(葵わかな、古畑星夏、久間田琳加、秋田汐梨、井上苑子)

映画『青夏 きみに恋した30日』女子会舞台挨拶

葵わかな×古畑星夏×久間田琳加×秋田汐梨、“女子会恋愛トーク”!
井上苑子、サプライズで挿入歌「点描の唄」生歌初披露に大感激!!

漫画家・南波あつこによる人気コミック「青夏 Ao-Natsu」を実写映画化した『青夏 きみに恋した30日』が8月1日(水)より全国公開中。8月15日(水)に公開を記念して、“女子会”と題した舞台挨拶が東京・丸の内ピカデリー2で行われ、葵わかな、古畑星夏、久間田琳加、秋田汐梨ら女子キャストが集結!さらにスペシャルゲストとして、挿入歌「点描の唄」をMrs. GREEN APPLEとともに歌う井上苑子が登場した。

【写真】映画『青夏 きみに恋した30日』女子会舞台挨拶(葵わかな、古畑星夏、久間田琳加、秋田汐梨、井上苑子)

イベントレポート

公開後の反響について葵は「公開から2週間経って、SNSだったり、妹や同級生から見たよと言ってもらえて。やっぱり同年代の方は親近感を持って楽しんでくれたみたいだし、お母さんやスタイリストさんなどが大人が観ても面白かったと言ってくれて嬉しかったです」とコメント。

【写真】映画『青夏 きみに恋した30日』女子会舞台挨拶(葵わかな)

古畑は「インスタグラムのタグ付けに『青夏』が多くなったことで多くの方に観てもらえている事を実感しました。映画を観て、泣いてくれたお母さんからは『あなたいつも可哀想な役ね』と言われました。でもそれはそれで良かったかな」と満足気に語った。

【写真】映画『青夏 きみに恋した30日』女子会舞台挨拶(古畑星夏)

久間田は「私の友達が夏休みの間に青夏の公開を凄く楽しみにしてくれていたので、観た感想を送ってくれました。苑子さんの曲が流れた時に思わず泣いちゃったっていう声が多かったです。普段の仕事の様子を観られるのは恥ずかしかったけど、生の声が聞けてよかったです。」と照れた様子。

【写真】映画『青夏 きみに恋した30日』女子会舞台挨拶(久間田琳加)

秋田も「学校の友達が皆で一緒に青夏を観に行って、感想を送ってくれました。キュンキュンもするし、感動もするし、景色も綺麗で、曲も素敵で凄くよかったって聞いて、この映画のいい所がみんなにちゃんと伝わっているのが嬉しかったです!」と元気にコメントした。

【写真】映画『青夏 きみに恋した30日』女子会舞台挨拶(秋田汐梨)

またスペシャルゲストとして登壇した井上は「今日、私居ていいのかな?って感じなんですけど、大丈夫ですかね?よろしくお願いします。」と謙虚に挨拶し、実際に青夏を観てどうだったかを聞かれると「私にはなかったきれいな恋・青春を見させてもらって、心の奥から洗われました。洗浄? 浄化?凄く綺麗な気持ちで映画館を出れました。ありがとうございました。」と独特の言い回しで感想を述べていた。

【写真】映画『青夏 きみに恋した30日』女子会舞台挨拶(井上苑子)

劇中に登場する吟蔵、祐真、ナミオ、タカヤの中で誰が一番理想に近い?とMCから質問があると、秋田・井上はナミオ、久間田・古畑・葵は理緒を一途に想う佑真と答え、まさかの佐野演じる吟蔵の名前は出ない事態に。理緒役の葵は「吟蔵って、なんかちょっと強引じゃないですか(笑)。演じてる時も、理緒として頑張って好きアピールするのに何も手応えがない。それなのにいきなり『俺のこと好きだろ?』みたいな感じでかなり振り回される」とぶっちゃけ「もうちょっと大人になったらカッコよくなれるタイプかも。今は不安定というか、成長中?」古畑も「もう少し色々学んだらいい男になるかも」とフォローした。またタカヤに関して聞かれると登壇者は口々に「タカヤはチャラいかな〜」と一掃しつつも「意外に尽くすタイプかも!」と盛り上がった。

【写真】映画『青夏 きみに恋した30日』女子会舞台挨拶(葵わかな、古畑星夏)

また自分が男だったら、理緒、あや、万理香、さつきの内誰と付き合いたいかという質問に、古畑は健気な姿が可愛い理緒。秋田は友達想いで優しいあや。久間田はグイグイ引っ張ってくれる万理香。葵は素朴で安心感をいつもくれそうなさつきと答え、それぞれ1人ずつ選ばれた状態に…。

最後に井上は「私が男だったら絶対可愛い子が好きなダメな男に成り下がると思うんですけど(笑)。あやが可愛いと思って1回行くんですけど、実際はさつきみたいな女の子が好きなんだと思います。何でも言い合える女の子に惹かれると思うのでさつきちゃんかな〜」とまさかの、あやからのさつきと言う新しい選択で会場を笑わせた。久間田も「あやって言われるのかと思って凄い期待して、いつ喜ぼうかと思ったのに〜」と爆笑していた。

【写真】映画『青夏 きみに恋した30日』女子会舞台挨拶(久間田琳加、井上苑子、葵わかな)

吟蔵の行動に対する女子たちの見解を知りたいとMCから言われると、久間田は「はっきりしてほしいですよね、早めに」と吟蔵の優柔不断ぶりに不満をこぼすと、葵も「振り回されるのは心地よくないですよね。吟蔵は優しいけれど、曖昧な態度は……。こっち期限決まってるから!!」とツッコミを入れた。

【写真】映画『青夏 きみに恋した30日』女子会舞台挨拶(久間田琳加、葵わかな)

最後は井上が「第三者として映画を観てるから、裏の吟蔵の考えてる事も分かるのでキュンとしたり応援すると思うんですけど、自分が実際に理緒だったら『は?何してんの?何その言葉』ってなりますよね」辛口のコメントを残した。

【写真】映画『青夏 きみに恋した30日』女子会舞台挨拶(井上苑子)

この日は、客席の恋愛相談も行った。「追う恋と追われる恋、どちらが幸せだと思いますか?」との質問には、古畑、久間田、井上は「追われる恋派」。それに追う派・秋田が「でも好きじゃない人に追われても……」と反論すると、「追う恋って辛くないですか?」とまた反論が。「辛いけど、毎日の言動とかで、小さな幸せを感じる。」と秋田が言うと、葵は「将来に繋がらない幸せだよね。追える元気がある時は幸せだけど……っていう(笑)」と大人なコメント。

【写真】映画『青夏 きみに恋した30日』女子会舞台挨拶(古畑星夏、秋田汐梨)

最終的に「追うのか追わないのか、それは歳によると思います。将来的に結婚を考えているならば追われる恋を選ぶべきだけど、これから大人になる高校生なんかは追っても将来に響かないので追ってもいいかな。」という葵の提案に登壇者一同納得していた。

【写真】映画『青夏 きみに恋した30日』女子会舞台挨拶(葵わかな)

さらに「遠距離恋愛はありか?なしか?」に秋田は「私は遠距離は無理なんですけど、自分たちが大丈夫なら問題無いと思いますね。」とコメントし、葵は「ほかに良い人がいるなら別だけど、その人のことが好きならば止める理由はない」とアドバイス。古畑も「遠距離は会いたい思いが凄く強くなっていって、逆に燃えるかも!次いつ会えるから頑張ろうっていうモチベーションにもなるし。」と遠距離前向き派で、井上は「遠距離をできる相手ならば大丈夫だと思います。良い距離感も保てると思うし、要は信頼関係の問題だと思います。」とエールを送った。

また「花火デートで男性の浴衣はありか?」との悩みに古畑、久間田、秋田が「絶対に着た方がいい」と推す中で、葵は「私は二人とも普段着でいいんじゃないかな。だって浴衣の下駄ってめっちゃ足痛くなるよ?そもそも今まで浴衣を着てお祭りに行ったことがないので、普段着の方が簡単でいいな」とクールな返答。井上が「一緒に選んじゃうとか?全部一緒に始めちゃう!花火大会会場で待ち合わせじゃなくて、着る所から一緒とか。」とアドバイスすると、葵も「そしたら花火だけじゃないから楽しいですよね。」と同調した。

それに久間田も「絶対にニ人で着た方がいいです!いつもと違う姿だし好きになりそうですよね」と乙女心を訴えると、葵も「一人だけ着ることになるなら、男性も一緒に二人で着るほうがいいかも。」と最後は賛成していた。相談者は井上の案を採用し、満足そうにしていた。

挿入歌「点描の唄(feat. 井上苑子)」について聞かれると井上は「理緒ちゃんは普段明るい女の子なので切なくなり過ぎるのもなと思って、話しかける様に意識しました。でも、相手に届けるというよりは、届かなくてもいいからとりあえず自分の気持ちをポロポロ言っているイメージで歌いました。」と語った。

【写真】映画『青夏 きみに恋した30日』女子会舞台挨拶(井上苑子)

葵も「初めて苑子さんの歌声の入った点描の唄を聞いた時はまだ撮影中だったのもあって、凄く自分とリンクし過ぎちゃって、身体に染み込んでくる様な感じがしました。悲しいシーンの撮影もその後あったので、その時は『点描の唄』を聞いてイメージを膨らませて撮影に挑んだりしていました。本編では挿入歌が大胆な使われ方もしているので、この歌に凄く助けられているなと感じています。」と点描の唄への思いを口にした。

その後Mrs. GREEN APPLEと共に歌う挿入歌「点描の唄(feat. 井上苑子)」を井上がサプライズで披露。

【写真】映画『青夏 きみに恋した30日』女子会舞台挨拶(葵わかな、古畑星夏、久間田琳加、秋田汐梨、井上苑子)

同曲を公の場で歌うのは初めてという井上は「映画公開中に歌えて嬉しい」と喜び、葵は「素敵。凄い素敵でした。生で聴けないのかな?と思っていたので凄く光栄です。」と感激。古畑も「こんなに近くで聴けるなんて嬉しかった。サビになると強くなる声が素敵」とウットリ。久間田は「映画を観た後に口ずさんでしまうメロディ。本人が生で歌ってくれたのでより圧倒された」と嬉しそうで、秋田も「曲が配信されてから1曲をエンドレスで聴いていました!こうやって生歌を聴くことができて幸せです」と笑顔でコメントした。

【写真】映画『青夏 きみに恋した30日』女子会舞台挨拶(葵わかな、古畑星夏、久間田琳加、秋田汐梨、井上苑子)

舞台挨拶の最後に登壇者を代表して主演の葵が「公開から2週間が経ち、もう作品は私たちから離れ皆さんの元へ旅立ってしまい、半分終わったような気がしていましたが、今日こうしてみんなとひまわり畑を作れたり苑子さんの生歌を聞いたりできて良かったです。まだ夏は終わらないぞ!!というような気持ちで沢山の人に観てもらえたらいいなと思いました。今日はありがとうございました。」と締めくくり、イベントは幕を閉じた。

【写真】映画『青夏 きみに恋した30日』女子会舞台挨拶(葵わかな、古畑星夏、久間田琳加、秋田汐梨、井上苑子)

[スチール撮影: Cinema Art Online UK / 記者: 梅田 奈央、清水 彩帆]

 

イベント概要

<映画『青夏 きみに恋した30日』女子会舞台挨拶>

■日程: 2018年8月15日(水) 
■場所: 丸の内ピカデリー2
■登壇者: 葵わかな、古畑星夏、久間田琳加、秋田汐梨、井上苑子

【写真】映画『青夏 きみに恋した30日』女子会舞台挨拶(葵わかな、古畑星夏、久間田琳加、秋田汐梨、井上苑子)

映画『青夏 きみに恋した30日』予告篇

映画作品情報

【画像】映画『青夏 きみに恋した30日』 ポスタービジュアル

《ストーリー》

夏休みの間、大自然に囲まれた祖母の家で過ごすことになった都会育ちの女子高生・理緒(葵わかな)は、そこで地元の高校生・吟蔵(佐野勇斗)と出会う。少しぶっきらぼうだけど実は優しい吟蔵に、理緒は一瞬で恋に落ちる。吟蔵も、まっすぐな理緒に次第に惹かれていくが、夏休みが終われば離ればなれになってしまう──。わかっていても止められない想い。吟蔵の幼なじみで婚約者の万里香(古畑星夏)や、理緒に想いを寄せる祐真(岐洲匠)たちも巻き込み、恋はどんどん加速していく。果たしてこの恋のゆくえは──?

 
主演: 葵わかな、佐野勇斗、古畑星夏、岐洲 匠、久間田琳加、水石亜飛夢、秋田汐梨、志村玲於、霧島れいか、南出凌嘉、白川和子、橋本じゅん
 
原作: 南波あつこ「青夏 Ao-Natsu」(講談社「別冊フレンド」刊)
監督: 古澤 健主題歌: Mrs. GREEN APPLE「青と夏」
挿入歌: Mrs. GREEN APPLE「点描の唄(feat.井上苑子)」(ユニバーサルミュージック/EMI Records)
配給: 松竹
© 2018映画「青夏」製作委員会
 
2018年8月1日(水) 全国公開!
 
映画公式サイト
 
公式Twitter: @aonatsu_movie
公式Instagram: @aonatsu_movie

この記事の著者

Cinema Art Online

この著者の最新の記事

関連記事

カテゴリー

アーカイブ

Feedlyで購読

follow us in feedly

YouTube Channel

Google+

Facebook

ページ上部へ戻る