映画『ANIMAを撃て!』公開初日舞台挨拶レポート

【写真】映画『ANIMAを撃て!』公開初日舞台挨拶フォトセッション

映画『ANIMAを撃て!』公開初日舞台挨拶

W主演の服部彩加&小柳友、走り続けた8日間

コンテンポラリーダンスを通して一人の女性が成長していく姿を描き、2017年「SKIPシティ国際Dシネマ映画祭」のオープニングを飾った映画『ANIMAを撃て!』が、3月31日(土)公開初日を迎え、東京・新宿武蔵野館で初日舞台挨拶が開催された。

初めての演技にして映画初主演を果たした服部彩加、人生初の公務員役を演じた小柳友、そして本作が商業長編作品として初監督となる堀江貴大と、「初めてづくし」のキャストと監督が登壇した。

【画像】映画『ANIMAを撃て!』メインカット

服部は、「いよいよ今日がきたという思いで、これからがスタートなのでワクワクしております。初演技での映画撮影は、私にとって全てがビックリづくしでした。小柳さんは、ムードメーカーでリードしてくださり、演技の面で支えていただけたので、安心して演じることができました。映画の中に、這いつくばって踊るシーンがありますが、カメラマンもローアングルで私と同じ目線で撮影してくださっており、そこがお気に入りです。映像をかいすることで、踊っている自分を色んな角度からみれたので、発見も多く面白いなあと思いました。この映画をご覧いただき、皆さんの中に何か残るものがあって家路に帰っていただけたら幸いです。」と初日を迎えての思いを語った。

小柳は、「堀江監督と僕は同じ年齢(29歳)なのですが、今までは、監督に言われたことを表現していましたが、今回は監督とディスカッションすることができたため、自分が表現したいものはなんだろうということを改めて気づかせていただけた作品になりました。公園でドラムを叩くシーンがありますが、外で叩くことなどないので、高校の文化祭以来の経験でした。8日間に渡って撮影しましたが、服部さんと共に走り続けた8日間で、クランクアップには僕たち二人とも熱いものを感じていました。この作品がたくさんの方に届くように協力していただけたら幸いです。」と改めて映画と向き合った日々を振り返った。

堀江監督は、「この企画を最初に作ってから、ちょうど4年が経ちます。4年かけて色んな人たちと出会い、今日公開を迎えることができました。感慨深いです。お客さんに楽しんでいただきたいと強く思って作った作品ですので、楽しんでいただけたなら嬉しいです」と商業用長編映画デビュー作品となった本作の初日を迎え、作品の完成と公開に感謝を述べた。

映画『ANIMAを撃て!』は、3月31日(土)より新宿武蔵野館ほか全国順次公開中!

 

イベント概要

<映画『ANIMAを撃て!』公開初日舞台挨拶>

■日程: 2018年3月31日(土) 
■場所: 新宿武蔵野館
■登壇者: 服部彩加、小柳友、堀江貴大監督
■MC: 八雲ふみね

映画作品情報

【画像】映画『ANIMAを撃て!』ポスタービジュアル

《ストーリー》

クラシックバレエカンパニー「BAN」に所属し、ダンサーとしての将来を嘱望されている果穂(服部彩加)は、留学支援のための試験に挑むものの、クラシックなダンスを踊る自分に違和感を抱いていた。「BAN」の主宰兼振付家の伴(大鶴義丹)にその気持ちを指摘されてしまった果穂は、ホールの倉庫から聞こえてくるリズミカルなドラムの音色に誘われる。
その音の主は、ホール職員で元ドラマーの伊藤(小柳友)だった。
伊藤は一次試験直前に倉庫の中でトウシューズを脱いで思いのままに踊る果穂の姿を目撃し、音楽への情熱を取り戻していた。ドラムを叩く伊藤の前で、ありのままの自分を表現したダンスを踊る果穂は、最終選考の自由演目を伊藤のドラム演奏で、クラシックバレエではなくコンテンポラリーダンスで挑むことを決意する。
その方向転換に反対する伴やライバルダンサーの萌香(黒澤はるか)、その決断を後押しする果穂の姉・由美子(中村映里子)。果穂は迷いを断ち切るために「BAN」を退団し、伊藤と二人三脚で最終選考に臨もうとする。

 
SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2017 オープニング作品 
 
キャスト: 服部彩加、小柳 友、黒澤はるか、藤堂 海、中村映里子、大鶴義丹
 
監督・脚本: 堀江貴大
撮影: 村埜茂樹
照明: 川邊隆之
録音: 山田幸治
美術: 畠山和久
音楽: 鈴木治行
編集: 稲川実希
スタイリスト: 宮本まさ江
ヘア・メイク: 大江一代
助監督: 加藤文明
制作担当: 森田博之
振付: 北川 結
ドラム作曲: 守道健太郎
クラッシクバレエ指導: 大岩静江
スチール: 首藤幹夫
製作: 埼玉県 / SKIPシティ彩の国ビジュアルプラザ
製作協力: 寿々福堂
制作: デジタルSKIPステーション
特別協力: 川口市
配給: アティカス
宣伝: ツインピークス  宣伝協力: MUSA
2017年 / 日本 / ヴィスタサイズ / カラー / 5.1ch
© 2017 埼玉県/SKIPシティ彩の国ビジュアルプラザ
 
2018年3月31日(土)~ 新宿武蔵野館ほか全国順次公開中!
 
映画公式サイト
 
公式Twitter: @anima_ute
 

この記事の著者

Cinema Art Online

この著者の最新の記事

関連記事

カテゴリー

アーカイブ

YouTube Channel

Google+

Twitter

ページ上部へ戻る