第31回 東京国際映画祭(TIFF) クロージング上映イベント レポート

【写真】映画『GODZILLA 星を喰う者』ワールド・プレミア舞台挨拶 (宮野真守、櫻井孝宏、花澤香菜、上田麗奈、小澤亜李、 静野孔文監督、瀬下寛之監督、XAI、ゴジラ)

映画『GODZILLA 星を喰う者』

第31回 東京国際映画祭(TIFF) クロージング上映イベント
ワールドプレミア上映 舞台挨拶

宮野真守、櫻井孝宏、花澤香菜、上田麗奈、小澤亜李、そしてゴジラも登壇!!
XAIが主題歌「live and die」を披露!

ゴジラ映画史上初のアニメ―ション映画『GODZILLA』三部作の最終章、『GODZILLA 星を喰う者』が11月9日(金)に全国公開する。

第31回東京国際映画祭の最終日で「ゴジラの日」でもある11月3日(土・祝)に、【クロージング作品】として上映、これが「ワールドプレミア上映会」となる。

先立って行われたクロージング上映前イベントでは、久松猛朗フェスティバルディレクターが「東京国際映画祭はアートとエンターテインメントの調和をめざし、誰もが参加したくなる映画祭をめざしております。その意味で、この作品で東京国際映画祭をしめくくれることを大変うれしく思います。上映を楽しんでいただき、来年も足を運んでいただければ幸いです」と述べた。

【写真】第31回 東京国際映画祭(TIFF) クロージング上映前イベント (久松猛朗フェスティバルディレクター)

アンバサダー松岡茉優と振り返る映画祭の10日間

また、映画祭のアンバサダーである女優の松岡茉優は、「大役を務めさせて頂いた松岡茉優です。レッドカーペットを最初に歩かせていただいたり、海外の方から取材を受けたり、とても充実した10日間でした。レッドカーペットでは、もちろんゴジラチームとも一緒にウォーキング。私、ゴジラと握手させてもらいました! 大好きな映画祭なので終わってしまうのが寂しいのですが、この映画を楽しんでいただければと思います」と語り、司会の笠井信輔アナウンサーとともに、オープニングのレッドカーペットやアウォード・セレモニーなど、東京国際映画祭の10日間を振り返った。

【写真】第31回 東京国際映画祭(TIFF) クロージング上映前イベント (TIFFアンバサダー・松岡茉優)

メインキャストと監督が集結、ゴジラも登場。XAIは主題歌をLIVEで披露!

続いて『GODZILLA 星を喰う者』ワールドプレミア上映会の舞台挨拶に、ハルオ役の宮野真守、メトフィエス役の櫻井孝宏、ユウコ役の花澤香菜、マイナ役の上田麗奈、ミアナ役の小澤亜李、そして 静野孔文監督、瀬下寛之監督が登壇し、世界初お披露目の上映を迎えた喜びと、最終章となった本作に込めたメッセージを熱く語った。司会は森一兆。

【写真】映画『GODZILLA 星を喰う者』ワールド・プレミア舞台挨拶 (宮野真守、櫻井孝宏、花澤香菜、上田麗奈、小澤亜李、 静野孔文監督、瀬下寛之監督)

森:「アニゴジ『GODZILLA 星を喰う者』の世界最速上映です。第一部、第二部に続いての最終章。皆さんの心に残るものがあるのではないかと思っています。では、皆さんが会いたいと思っているキャストの皆さんをご紹介したいと思います」

【写真】映画『GODZILLA 星を喰う者』ワールド・プレミア舞台挨拶 (森一丁)

宮野:「こんにちは、ゴジラシリーズでハルオを演じさせていただいた宮野真守です。クロージング作品として上映され、ここに来られて非常に光栄です。長編アニメーション映画としてこのゴジラシリーズは作られました。劇場三部作という形でお届けし、このたび最終章として完結します。最終章でようやく、これが僕たちの作りたかった答えだ、というものをお見せできる、この瞬間が幸せです」

【写真】映画『GODZILLA 星を喰う者』ワールド・プレミア舞台挨拶 (宮野真守)

上田:「ハルオが出したかった答えというのは、観た後で、こうだったんじゃないか、と考えられるものがあるんです。そこが面白い。ハルオだけじゃなくて、他のキャラクターが考えていることも、敏感に感じ取っていただければいいなと思っています」

【写真】映画『GODZILLA 星を喰う者』ワールド・プレミア舞台挨拶 (上田麗奈)

小澤:「このシリーズは女性の方も楽しんでもらえる作品で、観終わった後に心が奪われる感じ。観終わった、皆さんがどんなんことを思ったかを聞きたいです」

【写真】映画『GODZILLA 星を喰う者』ワールド・プレミア舞台挨拶 (小澤亜李)

花澤:「前作からご覧になっている方は、ユウコちゃんはどうなったのか、どうなってしまったのか、そこが知りたいですよね! やっとみんなにそれをお伝えする事ができます! そして、やっぱりハルオの生きざま! これをしっかりと見届けてください」

【写真】映画『GODZILLA 星を喰う者』ワールド・プレミア舞台挨拶 (花澤香菜)

櫻井:「初日にレッドカーペットを歩かせてもらってつくづく感じたのが、ゴジラって本当に人気があるムービースターなんだなという事です。もちろん僕も慣れ親しんだキャラクターですので、声優としてこの作品に参加させてもらってうれしいです。ゴジラシリーズは連綿と続いてきましたが、アニメーションのゴジラは本当に壮大で、新しいゴジラが生まれたと思っています。将来的には、このアニメのゴジラがあるからこそ、また次に誕生するゴジラがあるのではと思います」

【写真】映画『GODZILLA 星を喰う者』ワールド・プレミア舞台挨拶 (櫻井孝宏)

静野:「自分がかかわってきた作品の中で、一番長期(4年)の作品となりました。ゴジラのことはあまり知らずに始めたのですが、原作の虚淵玄さんや監督の瀬下さんから、『知らないままやってくれ』とは言われたものの、かかわるうちに知識はついてしまうので、そこらへんが難しかったですね」

【写真】映画『GODZILLA 星を喰う者』ワールド・プレミア舞台挨拶 (静野孔文監督)

瀬下:「僕はゴジラの一ファンとして、ゴジラという作品を尊敬していました。だから根本的に『ゴジラはアニメになるのか?』というところから始めたわけです。色々葛藤があってゴジラと対峙して来ました。だから、素晴らしい声優さんやスタジオの皆さんに助けられて、なんとかここまで来れたという感じですね」

【写真】映画『GODZILLA 星を喰う者』ワールド・プレミア舞台挨拶 (瀬下寛之監督)

宮野:「ゴジラ映画の持つとても大事な根幹は、ゴジラという絶対的な存在、皆に襲い掛かってくるどうしようもない存在という部分だと思うんです。ゴジラと人間は共存できるのか、という大きなテーマがあります。でも最終章では、そういうどうしようもない世界がある中で、一人の男がどう生きたのかという部分、ハルオの生きざまにいろいろ考えさせられると思う。一人の男の生きた道のりをたくさん感じてほしいし、僕はそこに命をこめて演じました」

【写真】映画『GODZILLA 星を喰う者』ワールド・プレミア舞台挨拶 (宮野真守)

櫻井:「第一章、第二章とご覧になった方は、僕(メトフィエス)とハルオの関係性にどう着がつくのかが気になっているでしょう。宮野君も話していましたが、いろいろな星の人たちが出てきて、その中でもそれぞれの矜持や考え方があって、一度結んだものがほどけたりしながら、その中でこの二人がどうなるのか、決して悪とかじゃない、異なる意見の二人の行方をしっかり見届けてください」

【写真】映画『GODZILLA 星を喰う者』ワールド・プレミア舞台挨拶 (櫻井孝宏)

ここで、主題歌「Live and die」をXAI(サイ)がパワフルな歌声で披露した後に、ゴジラも登場!

【写真】映画『GODZILLA 星を喰う者』ワールド・プレミア舞台挨拶 (XAI 主題歌「live and die」披露)

【写真】映画『GODZILLA 星を喰う者』ワールド・プレミア舞台挨拶 (宮野真守、櫻井孝宏、花澤香菜、上田麗奈、小澤亜李、 静野孔文監督、瀬下寛之監督、XAI、ゴジラ)

和気藹々とした楽しい雰囲気でイベントは終了し、最後に宮野が「本日はお集まりいただきありがとうございます。自信をもってお届けできる作品ですので楽しんでください。アニメもゴジラも日本が誇る文化です。そのアニメとゴジラの融合は、僕らにしかできないエンターテインメント。これを世界に向けて発信して行きたいと思います」と結んだ。

[スチール撮影: Cinema Art Online UK / 記者: 仲野 マリ]

 

イベント情報

第31回東京国際映画祭(TIFF) クロージング上映前イベント
<映画『GODZILLA 星を喰う者』ワールドプレミア上映会(完成披露上映会舞台挨拶)>

■日程: 2018年11月3日(土)
■場所: 東京国際フォーラム ホールC
■クロージング上映前イベント登壇者: 松岡茉優(第31回東京国際映画祭アンバサダー)、久松猛朗(第31回東京国際映画祭フェスティバルディレクター) 、笠井信輔(フジテレビアナウンサー)
■完成披露上映会舞台挨拶登壇者: 宮野真守、櫻井孝宏、花澤香菜、上田麗奈、小澤亜李、 静野孔文監督、瀬下寛之監督、XAI(主題歌)、森一丁(MC)、ゴジラ

【写真】映画『GODZILLA 星を喰う者』ワールド・プレミア舞台挨拶 (宮野真守、櫻井孝宏、花澤香菜、上田麗奈、小澤亜李、 静野孔文監督、瀬下寛之監督、XAI、ゴジラ)

映画『GODZILLA 星を喰う者』予告篇

映画作品情報

【画像】映画『GODZILLA 星を喰う者』ポスタービジュアル

《ストーリー》

扉が開かれ、黄金の刻印が星を切り裂く。

21世紀初頭、ゴジラに地球を奪われた人類は、一部の人類を他恒星系への移住に送り出すも、計画は失敗に終わる。失意のまま地球へと帰還した人類を待ち受けたのは、二万年後の変わり果てた姿になった地球だった。

あらゆる動植物がゴジラ細胞を持つ<怪獣惑星>と化した地球。そこに君臨するのは体高300mを超える史上最大のゴジラ<ゴジラ・アース>だった。

【画像】映画『GODZILLA 星を喰う者』場面カット

ゴジラ討伐に執念を燃やす主人公ハルオは、人類の遠い子孫である種族フツアと出会う。ハルオたちは、フツアの双子の姉妹マイナとミアナの導きにより対G決戦兵器・メカゴジラの残骸が、増殖を続けていることを発見。残骸を構成するナノメタルを使って武装要塞都市<メカゴジラシティ>を起動させ、<ゴジラ・アース>に挑む。

 

この作戦の中、かねてより共存してきた異星人種族の一つビルサルドと人間たちとの亀裂が表面化する。ビルサルドのリーダー・ガルグの「ゴジラを倒すならば“ヒト”を超えた存在へ」という信念に対し、ハルオは「怪獣を倒すために自らも怪獣になってはいけない、“人”として打ち勝つべき」という信念を捨てられなかった。ついには、<ゴジラ・アース>を倒す唯一のチャンスを捨て、ハルオはガルグを葬ってしまう。一方、ハルオの幼馴染であるユウコはビルサルドによる人体の強制ナノメタル化により、脳死状態に陥ってしまった。

 

人間たちに広がる敗北感と虚無感。もう一方の異星人、宗教種族エクシフの大司教・メトフィエスは、ハルオが戦いに生き延びたことは“奇跡”だと唱え、信者を増やしていく。それはエクシフが秘め隠してきた“究極の目的”のためだった。そんなメトフィエスを警戒するミアナとマイナ。そして、ハルオは、自らが“人”として何を為すべきかを自問する。

 

やがて、<ゴジラ・アース>を打ち倒す者がいなくなった地球に、金色の閃光を纏った<ギドラ>が降臨し、天地を揺るがす超次元の戦いが始まる。

“ゴジラ”とは何か。“人”が為すべきことは何か。ハルオが目にする未来とは――――。
最終章で、そのすべてが明らかになる。

 
タイトル: GODZILLA 星を喰う者
 
監督: 静野孔文、瀬下寛之
ストーリー原案・脚本: 虚淵玄(ニトロプラス)
キャラクターデザイン原案: コザキユースケ
音楽: 服部隆之
副監督: 吉平”Tady”直弘、安藤裕章 
プロダクションデザイン: 田中直哉、Ferdinando Patulli
CGキャラクターデザイン: 森山佑樹 
造形監督: 片塰満則
美術監督: 渋谷幸弘
色彩設計: 野地弘納
音響監督: 本山 哲 
 
キャスト: 宮野真守、櫻井孝宏、花澤香菜、杉田智和、梶 裕貴、小野大輔、堀内賢雄、中井和哉、山路和弘、上田麗奈、小澤亜李、早見沙織、鈴村健一
主題歌: XAI「live and die」(TOHO animation RECORDS)
主題歌アーティストXAI 公式サイト: http://x-a-i.com 
主題歌アーティストXAI 公式twitter: @XAI_desu
製作: 東宝 
アニメーション制作: ポリゴン・ピクチュアズ 
配給: 東宝映像事業部
© 2018 TOHO CO., LTD.
 
2018年11月9日(金) 全国公開!
 

映画公式サイト
公式Twitter: @GODZILLA_ANIME

この記事の著者

Cinema Art Online

この著者の最新の記事

関連記事

カテゴリー

アーカイブ

YouTube Channel

Google+

Twitter

ページ上部へ戻る