第29回 東京国際映画祭 特別上映 「GANTZ:O」<プレミア英語吹替版>舞台挨拶

第29回 東京国際映画祭(TIFF) 特別上映 「GANTZ:O <プレミア英語吹替版>」 河北麻友子×英里子×梶裕貴×川村泰監督 舞台挨拶

第29回 東京国際映画祭(TIFF)
特別上映「GANTZ:O」<プレミア英語吹替版>

河北麻友子×英里子×梶裕貴×川村泰監督が舞台挨拶に登壇!

10月29日、第29回東京国際映画祭にて『GANTZ:O<プレミア英語吹替版>』の特別上映がTOHOシネマズ 六本木で行われ、プレミア英語吹き替え版で声優に挑戦した山咲杏役の河北麻友子、レイカ役の英里子、日本語版の玄野計役を演じる梶裕貴、川村泰監督らが舞台挨拶に登壇した。

本作は、奥孝介の大ヒットコミック「GANTZ (ガンツ)」をフル3D CGで映画化した本作は、原作でも人気の高い「大阪編」をベースとして、オリジナル要素を組み込んだストーリー構成で描かれている。

舞台挨拶は、英語吹き替え版の声優である二人による英語の挨拶から始まり、日本語版で声優を担当した梶裕貴は「日本語版で玄野計訳をやらせていただきました。僕は日本語でいいですよね?」と笑いを誘った。

第29回 東京国際映画祭(TIFF) 特別上映 「GANTZ:O <プレミア英語吹替版>」 舞台挨拶 河北麻友子

司会の「英語吹替版の声優としてこの作品に挑戦された感想をおきかせ下さい。」という質問に河北麻友子は「今回は英語で初めての声優ということで緊張というか、本格的に声優をおこなうのは初めてだったのでちゃんとできていましたか?」と不安そうに語ったが、監督は「とてもよかった。英語の雰囲気もあって、アグレッシブな感じがさらに出てサバイバル感が際立った感じがして楽しかった。」と振り返った。

第29回 東京国際映画祭(TIFF) 特別上映 「GANTZ:O <プレミア英語吹替版>」 舞台挨拶 英里子

続いて、レイカ役の英里子は「今回、声優という仕事が初めての挑戦でした。普段の生活の中で大声で叫ぶ事なんてないですし、初めての体験が沢山できて一皮むけたと思うので楽しみにしてほしい。」と意気込んだ。

また、日本語版の梶裕貴は「原作を読み直させていただき、改めて熱くて痺れる面白い作品だと感じました。そして、この大阪編はアクションの要素がすごく詰まっていて、なおかつフル3DCGですので海外の方にも楽しんでいただける作品になっています。英語吹き替え版という機会があって、関係者として僕も嬉しく思います。」とアピールした。

第29回 東京国際映画祭(TIFF) 特別上映 「GANTZ:O <プレミア英語吹替版>」 舞台挨拶 川村泰監督

製作にあたり苦労したところを聞かれると川村泰監督は「モーションキャプチャで芝居をして声をいれていただく時に呼吸感を意識してもらうようお願いした。キャラクターの口があけば必ず何か呼吸が入るように細かくやったので、それによってキャラクターに命が吹き込まれるようになったと思います。自分が演出したキャラクターが英語で喋ることにニヤニヤして見てしまいました。」と明かした。

第29回 東京国際映画祭(TIFF) 特別上映 「GANTZ:O <プレミア英語吹替版>」 舞台挨拶 梶裕貴

最後にファンにメッセージを求められ、河北麻友子は「アニメーションは日本の文化の一つだと思いますので、ストーリーだけではなく映像の美しさを楽しんでいただいければなと思います。」、英里子は「この作品をきっかけとして世界に日本のアニメのすばらしさが伝わればいいなと思います。この映画に携われて本当に楽しかったので、同じようにみなさんにも楽しんでいただければと思います。」、梶裕貴は「一夜限りのレアな上映会にお集まりいただき嬉しく思います。おそらく見終わった後に作品の出来と、お芝居にぐっと来ていると思いますし、僕は日本語版を担当しているので日本語版も見ていただき、そして海外の方が日本のアニメーションにより一層興味と関心をいただいていただければと思います。」、川村泰監督「数ある漫画原作の映画の中でも屈指のアクションエンタメ作品になったと思います。臨場感、緊張感、恐怖感がたっぷりはいったジェットコースタームービーとなっていますのでお楽しみ下さい。」とそれぞれ作品に対する思いを語った。

[記者: 清野 奨 / 撮影: 平本 直人]

© 2016 TIFF

◆イベント情報

<第29回 東京国際映画祭 特別上映『GANTZ:O』[プレミア英語吹替版]舞台挨拶>

日時: 2016年10月29日(土)
会場: TOHOシネマズ 六本木ヒルズ SCREEN7
登壇者: 河北麻友子(女優)、英里子(女優)、梶裕貴(俳優)、川村 泰(監督)

 

◆映画作品情報

映画 「GANTZ:O」 ガンツ:オー© 奥浩哉/集英社・「GANTZ:O」製作委員会

映画「GANTZ:O」(ガンツ:オー) レビュー [Cinema Art Online]
第29回 東京国際映画祭(TIFF) 公式サイト

この記事の著者

清野 奨Webデザイナー/エディター/ライター

1988年、東京生まれのWebサイト制作者です。

★好きな映画
『ファイト・クラブ』 (Fight Club) [監督: デヴィッド・フィンチャー 製作: 1999年]
『メメント』 (Memento) [監督: クリストファー・ノーラン 製作: 2000年]
『インセプション』 (Inception) [監督: クリストファー・ノーラン 製作: 2010年]

この著者の最新の記事

関連記事

カテゴリー

アーカイブ

Feedlyで購読

follow us in feedly

YouTube Channel

Google+

Facebook

Twitter でフォロー

ページ上部へ戻る